郵便局でも支払える払込票

決済代行サービスにはコンビニ決済という方法が使えるものが多いです。コンビニ決済とは文字通り、代金をコンビニで支払って決済を行うというものですが、実はサービスによってシステムが少し異なります。まず、昔から存在しているコンビニ決済のシステムは払込票を利用して支払いを行うものです。コンビニ決済を選んだとき、自宅にバーコードなどが印字されている用紙が送られてきた経験を持つ人がいると思いますが、その用紙が払込票と呼ばれるものです。ただ、払込票を通じて支払いを行う方法は実は純粋なコンビニ決済とはいえません。というのは、払込票をよく見ればわかるのですが用紙自体は郵便局の振り込みで使われるものだからです。つまり、郵便局でもコンビニでも支払いが行える方法ということになります。

番号方式で支払い場合の注意点

近年、決済代行サービスで採用されているコンビニ決済は、本当にコンビニでしか支払いができないようになっています。というのは払込票ではなく、コンビニのみに設置されている機械に数字を打ち込み、出てきたレシートをレジに持っていって支払うというシステムになっているからです。この決済方法は払込票を使うものと区別して「番号方式」と呼ばれることがあります。番号方式のコンビニ決済を利用する場合の注意点として挙げられるのは、料金の払い先であるコンビニを最初に決めるというものです。払込票の場合、受けつけてくれるコンビニであればどこに持っていってもかまいませんが、番号方式の場合、コンビニによって必要な番号が違います。Aというコンビニ用の番号をBというコンビニの機械に入力して支払うことはできません。

決済代行は、クレジットカードなどの決済手段を提供する金融機関と、カード決済を導入したいネットショップや店舗を仲介します。様々な手続きや審査を代行し、店舗に決済システムを提供する役割を担っています。